医者

キラキラ輝く毎日のために~更年期障害などの病を改善~

重い腎臓病にかかったら

悩み

慢性腎不全は、人工透析で血液の老廃物を取り除く治療が行われ週3回4時間ほどかかります。これは大変な治療で医師との信頼関係を築くことも大切になってきます。世田谷区には送迎サービスをするクリニックもあり患者や家族の負担を減らしています。

Read More...

血液を活性化させる

病棟

慢性疲労や冷え性、アレルギーなど治療しても治らない症状は血液クレンジングを試すなど治療方法を工夫すると改善できる場合があります。血液クレンジングが人気の理由は、血液をサラサラにし、免疫力や治癒力を高めることができ健康と美容に効果的だからです。

Read More...

更年期の始まりと症状とは

看護師

更年期とは

女性は、20〜30歳ごろに生理時のトラブルが増えるといわれています。下腹部痛や肌荒れなどの症状に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。これは、生理時の女性ホルモンバランスが崩れたことが原因と考えられています。そして、30歳後半からは、生理不順が始まり、出血量が減少するようになってきます。これは、加齢によって卵巣機能が低下したことによるものです。卵巣からは生理周期に合わせて女性ホルモンが分泌されているのですが、機能が低下すると分泌量が減少していきバランスが崩れるようになってしまうのです。すると、心や体に様々な症状を感じるようになります。ホルモンバランスの乱れは、自律神経を刺激するので発汗や不眠といった症状も感じるようになります。

更年期と女性ホルモン

では、よく耳にする更年期とはいつからなのでしょうか。女性の閉経の平均年齢は50歳と言われています。50歳を境にした前後の10年間を更年期といいます。40歳前半から50歳後半ごろが更年期にあたります。この時期には、すでに述べたように女性ホルモンの分泌量が減少し、更年期障害と呼ばれている不調があらわれてきます。更年期障害の症状としてはまず、ほてりやのぼせ、めまい、頭痛や腹痛などが日常生活のなかで起きてきます。また、更年期障害はイライラや憂うつな気分、落ち込みなど精神的な症状が始まることもあります。更年期障害の症状は200以上の種類があるといわれています。更年期障害の症状が重く日常生活に支障をきたすような場合は、治療が必要になります。

静脈の弁が悪くなって

女性

下肢静脈瘤は足の静脈の弁がうまく機能しないことに怒ってきます。妊娠中にできることはよく知られていて遺伝も大きく関係してきますから、妊娠中の娘さんがいる人は足をよく観察してあげて少しでも血管が膨らんでいるのなら対策をとってください。

Read More...